時間の使い方で人生が変わる?

今日は、主人が休みなので、平日ですが家にいます。

私はというと、いつも通り仕事があるので、主人のご飯の準備をしたら、部屋にこもって仕事開始です。

主人がいると気を遣うので、仕事にならないかな…と思ったのですが、意外にも集中出来て、かなり仕事がはかどっています。

いつもならSNSを見たり、ニュースやウィンドーショッピングをしていた私だったので、こういう時間を全てカットし、作業に集中することで一つ大きな仕事が終わりました。

このペースでいけば、今月はかなりの収入になりそうです。

この前、ある雑誌でお金の使い方が上手な人は、時間もお金と同じように大切に使っていると書いてありました。

私は最初は、この意味が全く分からなかったのです。

ですが、今日のように今までのだらだらした時間をカット出来れば、やることが進むと身をもって体験したので、今なら分かります。

例えば、同じ旅行に行くにしても、2ヵ月前から予約して準備していくのと、全くのノープランでいきなり旅行先を決めていくのでは、全く費用が異なります。

場所によっては割引が効いたり、準備出来る分、不要なものを買わずに済み、出費を減らせるのです。

今の私だったら、後者の無駄遣いが多い人になってしまいます。

でも、これに気づいた今は、時間もお金と同じように大切にし、だらだらした時間を仕事に変え、上手く工夫していきたいと思います。

この大切さに気づけたことは、とても大きな自信につながりました。

思わぬ主人の休みがきっかけで、大切な事に気づけた一日です。

ビースマイル歯磨き粉の効果と主人にも感謝したいと思います。

 

 

久しぶりの絵は上手くいかない

ここ最近、さぼっているわけではないけれど、なかなか絵をかいていなかったので、久しぶりに描いてみました。

すると、思ったよりもうまく描けなくて、以前に比べて下手になったなぁと感じてしまうことがあります。

私はもともと絵が上手いわけではないものの、前に比べて腕が落ちたと感じるということは、それだけ描くことを怠っていたのだなぁと感じます。

この頃は、何かにつけては絵をかかないことも多く、描いても落書きくらいの雑なものばかりなので、下手になってしまうのも仕方ないのかなぁと諦めムードです。

しかし、何事も日々やらなければ上達はしないということを、つくづく思い知らされています。

なので、今後は過ごしずつでもいいから、絵を描く修行でもしようかなと考えています。

私の場合、絵の練習をしようと思っていても、結局はやるやる詐欺みたいにやらずじまいなことも多いので、その性格というか、環境を変えないとダメだとは思っています。

思っているだけでやらないのは、まったくの無意味ですからね。

最近せっかくクロッキー帖買ったので、埋め尽くすぐらいいろいろ描きこんでいって、上達できたらうれしいなぁと思っています。

それと、私は人物を描くのが苦手なので、最近は人体の本もほしいなぁと思っています。

理科の分野で使うわけではないですが、骨格とか知ることで、パースのゆがみとかが、少しでも改善されれば、人物の絵も上達すると思うのです。

やっぱり、等身も意識しないと、妙にちんちくりんな絵になってしまうので、気をつけないといけないですね。

ちなみに、スマホで最近買った中で私的にヒットだと思ったのは、米肌トライアルですね。

これは2週間分の基礎化粧品がセットになっているものですが、1か月ぐらいもったので、今月はお化粧代が安くて助かりました。

 

 

無職だったのにフルタイムで働きたい!

毎日仕事をしていたときは、本当に仕事行きたくないと思ってました。

そのため、仕事もやめてニートバンザーイ!養ってくれる旦那様バンザーイ!と思ってました。

それが仕事をやめて1カ月、その頃には仕事したい、働きたい熱が急に出てきました。

その状態で仕事がしたくなって、新しい仕事を探していると旦那の転勤が決定しました。

それがニート3カ月目で、転勤までは中途半端な期間で、短期でしか働けないので毎日時短で短期のバイトです。

バイト先の店長は凄く良い方で、転勤があるのでそれまでの短期間で働かせてくださり、契約期間終了後も、引っ越しぎりぎりまで働いてもらえないかと言われました。

とても嬉しいことだし、まだ少ししか働いていないのに私の仕事を認めてくれて、この会社に必要と思ってくれる人がいるというだけで幸せに思いました。

仕事で必要と思ってもらえることが、こんなに嬉しいことで幸せなことだと言うことに、改めて感じました。

そんな話を友達にすると、仕事してない期間のほうが幸せだよって言われて、もしかすると私は仕事人間なのかも知れないと感じました。

それでもバイトがないときは、日中に掃除洗濯をして、残りは暇な時間をまったりと過ごしてます。

社会人として生活してきて、初めて無職の期間を体験し、私には子供が生まれない限り専業主婦は無理だと思いました。

だから、毎日が充実しているなと思える日々へ、一日も早く戻りたいです。

早く引っ越し完了して、フルタイムで毎日仕事に行き、もう仕事なんてしたくない!と思える日々に戻りたいのです。

とは言っても、私はこむら返りが起きやすい体質なので、妊娠したら妊婦のこむら返りを解消する方法を考えないといけません。

 

 

小川のせせらぎと春の土筆狩り

私の住んでいる家の目の前には、整備された川があります。

生まれて以来、何度か転居を繰り返してきましたが、いつも川は私の住む家の近くにありました。

これは何度目かの転居先での出来事です。

農村の風景が残されたその土地は、緑豊かな所でした。

家の近くを流れている小川は、未だ整備の手が及ばず、土剥き出しの風情が楽しめました。

春先の一番の楽しみは、何と言っても土筆狩りでしたね。

タンポポの黄色い姿と青空に土の色は、それまでに馴染みの無い風景でした。

なので、大男が腰をかがめて一心不乱に童のように振る舞う、ということにさほどの抵抗感はありませんでした。

幼稚園の頃から、絵本などで慣れ親しんではいたものの、都会暮らしではなかなか実物に遭遇出来る機会は、与えられませんでした。

何度目かの実物の発見は、心ときめく物がありました。

成人してから実に久し振りの感動でした。

イラストとして描くには格好のスタイルが、そのイメージのまま目の前にある感じです。

千切り取った土筆を、改めて掌に載せて見てみると、申し訳のないことをしたという思いと、幾らかの好奇の眼(まなこ)で見つめていたということに、気付かされました。

最初の土筆との出会い以来の事だったのでしょう、おそらくは。

蕨のような固さは茎には無く、むしろ折り方が悪かったのか、中途半端な形となっていることに戸惑いさえしました。

でも、コツを覚えてしまえば、もうそんなことはありませんでした。

被っていた野球帽の中へ入れられた土筆の量は、既に相当なものになっていました。

まだまだその土手には、土筆がいっぱい残されていたのですが、陽は西へと遠ざかり、潮時だということを自覚しました。

家路の途中で出会った老女が、両手で持っていた野球帽に興味があったのか、中を覗きこんで来ました。

土地の人間にとっては、珍しくもないことだったのでしょう。

私達以外に土筆を採った痕跡も、そういえばありませんでした。

家へ戻ると、さっそく春の珍味の調理に取り掛かりました。

現在でもそうですが、食事の担当は私です。

まずハカマを取り去りますが、予想よりも固い感触のそれは、なかなかきれいに取り除けませんでした。

それからは、土筆の山をいくつかに分け、手早く料理することにしました。

湯にくぐらせて、冷水で彩り良く仕上げてポン酢で食す、別茹でして味噌汁の具にする、味噌和えにする等々。

そして、卵とじです。

ですが、卵との相性が悪かったのか、食欲を促すというのには程遠い色合いとなってしまいました。

それでも、これも春の味だ、と自分に言い聞かせて、家族と一緒に箸を動かしました。

食後、テーブルクロスに残された胞子の緑色に気づき、生命の奥深さに感動さえしたものです。

かなり昔の出来事ですが、春先になると、いつもあの小川の風景が瞼に浮かびます。

私の頭は、幸いなことに同年代共通の悩みに少なくとも今のところは、別段悩まされてはいません。

ですが、もしかしたらあの時の胞子が、ザエッセンスセラムの効果にように手助けしてくれているのかもしれません。

もっとも、別の物が生えてきたなら、それはそれで大問題ですけどね。

 

 

物の価値は自分次第!車検で気付いた大切なこと

今日は、愛車を車検に出してきました。

10年前に中古車で購入し、それ以来ずっと私の相棒だったかけがえのない存在です。

2年前の車検の時に、下回りが大分錆びているし、今回はもう車検通らないかも、と言われていました。

悲しいけれど、かなり乗ったし仕方がない…と覚悟をして持って行ったのですが、なんと、今回も車検通る事が出来ました!

素直に嬉しいです。

ですが、予算は少しオーバーしてしまいました。

維持する為には仕方がないですが、今の私にとっては結構痛手です。

けど、嬉しさの方が勝っているので、良し!ですね。

お仕事頑張らなくちゃ、と張り切っている単純な私です。

愛着が湧きすぎて、廃車だなんて想像もできないですが(笑)

主人の乗っている車のローンが、あと1年ほどで終わるので、それまでは頑張ってほしいです。

車は言ってしまえば、ただの移動手段ですが、一緒に過ごす時間が長いと、それ以上の存在になりますよね。

不思議なものだと改めて感じます。

父や兄の影響で、子供の頃から車は好きでしたが、自分で車を所有してから、こんなに愛着の湧くものなのかと実感しました。

それにしても、今の車屋さんは親切ですね。

車検の説明はもちろん、分からない所は凄く細かくお話をしてくれて、安心感があります。

そして、代車が新車というのも嬉しい所ですね!

新しい車に乗ると、いいな~買い替えたいなぁ、と思うのですが、自分の車が戻ってくると、やっぱり可愛くて、もっと一緒にいたいと思ってしまいます。

車に限らず、様々な物に対して言える事だと思いますが、どんな使い方をするかは自分次第ですし、それによって自分の気持ちも変わってきます。

私はこれからも、物にも愛情を持って過ごしていきたいな、と改めて感じました。

ちなみに、私は葛の花イソフラボンスリムを愛用していますが、これが思ってた以上に効果があって助かっています。

 

 

暑がりの私にはダウンジャケットは温かすぎる!

ダウンジャケットって、寒い季節には欠かせないアイテムですよね。

私も一着だけ持っているのですが、ほとんど着られないんです。

なぜかと言うと、暑すぎるからです。

けっこうな暑がりの私は、冬でもあまり厚着はしません。

アウターはだいたい薄手のウール100%のコートを着ています。

昔のモコモコ分厚いダウンジャケットと違って、今のものは薄手でとても軽くて着心地の良いものが多いですよね。

お店で一度試着をして、その軽さと温かさに感激し、初めて一着購入することにしたんです。

早速かなり寒い日に着てみたのですが、ちょっと散歩してみただけで体がポカポカしてきました。

普段歩くことが多いので、いつも通りテクテク早足で歩いていたら、どんどん顔まで火照ってくるんです。

結局、暑ーい!となって、耐えきれずに家に戻りました・・・

それにしても、最近のダウンジャケットの機能性はすごいですね。

あんなに薄くて軽いのに、本当に温かくて驚きました。

冷たい風も、しっかりシャットアウトしてくれるところがいいですよね。

でも、暑がりの私にはあまり活用できそうにありません。

インナーをTシャツ一枚程度にすれば丁度良いのかもしれませんが、それだとお店などでジャケットを脱いだときに、ちょっと恥ずかしいんですよね。

買ってはみたものの、結局ほとんど着ないまま、クローゼットに放置しています。

そこそこのお値段だったので、本当にもったいないと思います。

誰か着てくれそうな人がいたら譲ろうかな~と、不安で眠れない悩みで考え中です。

 

 

愛犬にもメリハリが大切!しつけ技術とは?

わたしは、ずっと動物を飼ったことがなく、最近はわんちゃんを飼うことが夢になっていたりします。

なので、志村動物園をはじめとする可愛い犬や猫のでるような番組は良く観るようになっています。

そんな犬を飼いたいと思っているわたしの楽しみのコーナーが、愛犬家で有名な坂上忍さんが、おてんばでやんちゃな躾のしづらい犬たちの再教育をする企画です。

本当に手の付けられないような、吠え癖や噛みつき癖のあるようなワンちゃんたちに振り回されながらも、真っ向から躾をしなおしている坂上さんの姿が勉強にもなります。

それに、見ててためになるし、おもしろいです。

前回みた犬のしつけ企画では、インターフォンを押した瞬間、吠えもせずに自身で室内の扉を開けてお出迎えをしていました。

その犬は、以前は履いている靴下やスリッパ、洗濯もをびりびりに引き裂いてしまうという子でした。

また、ドッグランにいった時には、よその犬の飼い主さんが被っている帽子を後ろから飛びついて奪っていくなど、結構な破天荒ぶりでした。

しかし、この破天荒なわんちゃんでも、坂上さんの躾であっという間に解決してしまうんですよね。

わんちゃんをかわいがり、大切にするのはもちろんなのですが、ダメな時はダメ、ダメなことは突き放すような一貫した態度で接することが大切だそうです。

ただ、いいことをしたときは、本当に心からほめてあげることも大切なのだそうです。

確かに、坂上忍さんの愛犬たちもすこし良くないことをしたときは、しっかりと怒るんです。

こういった番組をみていると、愛犬に対してもメリハリが大切だということがわかりますよね。